東日本の人間ドッグについて


東日本の人間ドックの施設の特徴

医学には予防医学と治療医学があり、現在は特に予防医学に注目が集まっています。病気の種類によっては、かなり進行しないと自覚症状が現れないケースもありますし、早期発見できれば完治できる病気も多いです。一般的には中年に差し掛かる40才くらいから人間ドックを受けるのが望ましいと言われています。
人間ドックは健康な人を対象にし健康度を判断したり、本人が気付いていない異常を発見する目的で行われます。人間ドックに含まれている検査内容は様々なものがありますが、東日本の施設では日本人に多いガンや動脈硬化などに対応し、早く病気を見付け出してくれます。
東日本の施設で選ばれている検査の代表的なものには、胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、頸動脈エコー検査があります。それに加えて女性はマンモグラフィによる乳ガンの検査と、子宮ガン検査を受ける人が多いです。オプションによってエコー検査やCT検査、MRI検査などを受けることができますので、自分の健康状態と相談して上手に検査を受けることが大切です。

東日本の人間ドックの施設の費用相場

東日本の人間ドックを行っている施設では、だいたい日帰りの全身ドックが3万円から5万円で受けることができ、1泊2日の全身ドックの場合は5万円から7万円ほどの費用で受けることができます。
しかし、この数万円の人間ドックでは、普通の健康診断とあまり変わらず、がんや心臓病、脳の病気など、多くの日本人の死因となる大きな病気の兆候を発見することはできません。
それらの病気を発見、予防するためには、東日本の人間ドック施設で日帰りの場合25万円から30万円ほど支払う必要があります。1泊2日の場合は30万円から40万円です。
東日本での相場は脳ドックは6万5000円から7万5000円、心臓ドックは5万円から10万円、がんドックだと22万円から23万円、レディースドックは5万円から7万円となっているため、色々な病気をおさえようとすれば数十万円はかかります。
人間ドックを選ぶ際には、費用と検査項目の両方を見ることが大切です。

 

人間ドックの予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)